信用保証協会を利用するデメリット

 

あなたの会社や事業所が銀行や金融機関に融資や借入の申請をしてもなかなか審査が通らない状態で、信用保証協会の利用もした事が無く、本当に審査に通るかどうか不安がある。
そういった企業経営者の方に優しく、初めての申請でも融資が受けやすい、長期の借り入れも可能になるなどが、信用保証協会を利用する際の、大きなメリットといえます。
しかし当然のことながら、デメリットとなることもいくつか存在します。
審査に時間がかかる
デメリットのひとつとして言えるのは、信用保証協会は審査を行うのに約1?2カ月の時間を要するという点です。
また提出書類や資料などが、大変膨大となりますので、申請をおこなうのに対する準備が非常に大変となります。
資金繰りが厳しく、通常業務の合間の準備作業となりますので、その負担も大きいのが最大の障害になります。
このことから、急ぎの資金調達が必要と考えている会社や事業所の方には、不向きといえる面も存在します。

信用保証料がかかる
資金繰り改善の為の、資金調達としての利用を検討するのですが、信用保証協会を利用するためには信用保証料という代金を支払う必要が発生します。信用保証料とは信用保証協会に対して支払う手数料のことです。あなたの会社や事業所の保証人となって貰うことへの、謝礼の意味合いがあると考えて頂ければ良いと思います。
では実際には、どれぐらいの信用保証料がかかるでしょうか?それは必要と考えている融資の金額や種類、また借り手であるあなたの会社や事業所の信用力によって異なってきます。ですが大凡融資額の0.5~2.0%と考えて頂ければ良いと思います。融資を受ける金額によっては、高額になる可能性もありますし、元金を返済するまで毎年払っていく必要がありますので、融資額や返済の期間によっては、やはり高額になる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です