売掛債権の時効を防ぐ方法

 

あなたの会社や事業所にとって死活問題にもなりかねない、売掛債権の時効(貸し倒れ)を防ぐために有効な方法があります。次にその方法について、詳しくご紹介していきましょう。
債務の承認
売掛債権には確かに時効というものが存在します。仮に時効となってしまうとあなたの会社や事業所は貸し倒れの状態となり、資金繰りに困ってしまう事になります。しかし、たとえ時効になってしまったとしても債務者自身が、依然債務があると認める場合は、支払いの責任が無くなることはありません。
債務者が支払いの責任を認識している事を、「 債務の承認 」といいます。私はあなたに対して支払うべき債務が存在します、と認めるということです。
たとえ売掛債権の時効といわれる期間が過ぎていたとしても、あなたは債務者に対して、債務の承認を取る必要があるのです。

売掛債権を活用した資金調達のすすめ

たとえばこのやり取りを書面、メールのやりとり、会話(録音など)など、形として残る様に、債務の承認をとることが可能ですし、この作業は後々とても重要になります。
メールのやりとりでも証拠になりますので、残しておくことは絶対に必要なのです。
債務先に対して「〇〇の支払いお願いできますでしょうか?」とメールや書面等で連絡をします。
債務先から「もう少し待ってもらえませんか。□月までにはお支払いします」こういう簡単なやり取りでも債務の承認になります。もし債務者の意識の中で、債務がないと判断している場合であれば、「待ってください」とか「お支払いします」といった表現は使わないはずですからね。
このように相手自身が債務の存在を認識しており、支払いに対する責任を認めるような発言を引き出すようにして、債務の承認を得ることで、時効を防ぐことが可能になります。
ですので、口約束ではなく、メールのやり取りや書面・音声の録音といった形で残しておくことで、後々重要な証拠となりえるのです。
売掛債権の時効は経営に打撃を与えますので、時効にならないようにしっかりとした対処をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です