2社間ファクタリングのデメリットとは?

 

先に2社間ファクタリングのメリットについて説明しましたが、勿論デメリットも存在します。
では、どの様なデメリットが存在するのか見ていきましょう

手数料が高い
2社間ファクタリングは、後ほど説明させて頂きます、3社間ファクタリングと比較して手数料が割高となるというデメリットがあります。
ファクタリング会社によっても異なりますが、買い取る、売掛債権の額面の10%~30%が手数料として差し引かれることになります。
売掛債権を買い取って頂き、売掛先の得意先にも知られることも無く、素早い資金調達ができるという非常に大きなメリットはありますが、その分手数料が高くなる傾向があるのが難点です。
では、どうして2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングと比較して手数料が高くなるのでしょうか?
これはファクタリング会社側の債権回収に伴うリスクが高いからと言えます。
2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社からしてみれば次の3つのリスクが存在することになります。

売掛先から、実際に売掛金が支払われない可能性がある。
売掛先からの入金が完了するまで、あなたの会社や事業所の経営が維持できない可能性がある。
売掛先から正規に支払われたとしても、あなたがファクタリング会社に送金しない可能性がある。

ファクタリング会社からすると、あなたの会社や事業所が有する売掛債権を買い取ることで、その手数料を差し引いた金額をあなたの会社に支払ってくれます。これは、あなた会社や事業所が、ファクタリング会社から前借りのような形で資金を調達したことになります。
ファクタリング会社は、払い出した金額を回収する為に、このような3つのリスクを背負う事になります。
2社間ファクタリングの手数料が高めに設定されているのは、この様な背景が関係しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です