2社間ファクタリングとは?

 

売掛債権を活用した資金調達の方法の一つに、ファクタリングというものがあります。ファクタリングとは売掛金を債権として買い取ってもらい、手数料を差し引いた金額を入金してもらう資金調達方法です。
融資や借入とは違いますので、借りない資金調達方法として最近話題になっています。
このファクタリングですが、その方法には2種類あります。それは[2社間ファクタリング]と[3社間ファクタリング]といわれるものです。ここでは、まず2社間ファクタリングについてご紹介してまいります。

2社間ファクタリングの意味と仕組み
ファクタリングの方法の1種類目は、2社間ファクタリングという方法です。
これはあなたの会社とファクタリング会社という2社の間で契約を結ぶという意味になります。
ある取引先の売掛金を債権として買い取ってもらいたいと思う場合、その売掛先の取引先に、売掛債権の売買に関する事項を知らせないで行なうということになります。知らせなくても法律的に何も問題はありませんので安心してください。
2社間ファクタリングを図に示すと下記のようになります。

2社間ファクタリングのメリットは?
2社間ファクタリングを行う際のメリットは大きく次の2つがあります。
取引先に知られない
あくまでもあなたの会社とファクタリング会社の2社の間での契約、やり取りになりますので、売掛先である取引先に知らせる必要はありません。売掛金の入金日までに資金が必要という理由でファクタリングサービスを使用する訳です。そういった意味では、あなたの会社や事業所の資金繰りが厳しいという事実を、取引先に知られる事なく資金繰りが行えるというメリットがあります。
また、あなたの会社や事業所の資金繰りが厳しいという事情を、得意先に知られる事で今後の取引を再考されてしまうかもしれないリスクを回避できることも、大きなメリットといえるでしょうね。
このように、2社間ファクタリングは売掛先に知らせずに売掛債権を買い取ってくれるサービスの事なのです。
素早い資金調達ができる
2社間ファクタリングは、取引先の承諾や了承が必要ない取引ですので、素早い資金調達ができるというメリットがあります。後ほど、ご説明しますが3社間ファクタリングの場合ですと、売掛先の会社の承諾も必要になります。スムーズにいけば問題ないのですが、取引先が売掛債権の売却に難色を示す、同意しないといったことになると、ファクタリング契約自体ができないことにもなります。契約締結の為に話し合いなどの時間が必要になります。
資金がすぐにでも必要という状況では効率的なことではありませんね。2社間ファクタリングの場合は、即日に現金を用意するサービスを提供しているファクタリング会社もありますので、素早い資金調達ができるという、とても大きなメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です